MENU

失業して無職の状態ではキャッシングは難しい

失業して無職になってしまうということは、決して他人事ではありません。安定しているように見える企業に勤めていても、さまざまな事情で失業してしまう可能性はあります。

 

雇用保険などの給付や貯金などがあったとしても、収入がなくなってしまうと、生活していくことはだんだんと難しくなってしまいます。

 

そのような場合に、キャッシングで少しの間をしのぎたいと思う人もいるかもしれませんが、無職の状態であればほとんど利用できないと考えた方が良いです。

 

もちろん無職であっても、専業主婦であれば配偶者の収入などによって利用できる可能性はあります。しかしながら、そうではない普通の失業者の場合にはかなり困難なものとなります。

 

各キャッシング業者では、借入をするための条件が明記されており、必ずと言っていいほど「安定した収入」といったような文言が含まれています。

 

したがって、収入がない無職の場合にはこの条件を満たすことができないのです。

 

一方、安定した収入があれば良いのですから、アルバイトやパートといった働き方であっても、しっかりと収入があれば利用できる可能性はあります。

 

【無職は申し込みの時点で既に厳しい】

大手の消費者金融の場合には、簡易な審査ツールやシミュレーターなどが利用できるようになっています。

 

ある消費者金融のツールの場合には、雇用形態を選択するような項目があります。

 

中には無職という選択肢もあるのですが、これを選択した場合には必ず利用できない旨のメッセージ画面が表示されます。

 

ほとんどのキャッシング業者においても同様で、無職の場合にはそれだけでアウトになってしまいます。

 

このように、無職の場合には申し込みをする時点で厳しい判断を下されるということなのです。

 

【キャッシングを利用する方法】

キャッシングを利用できるようになるためには、とにかく仕事をすることが一番です。

 

とはいえ、厳しい社会情勢の中、なかなか次の仕事を見つけることは難しいかもしれません。ただし、正社員の仕事でなければならないという訳ではありません。

 

アルバイトやパートなどでも条件を満たせば利用できる可能性はあります。したがって、何かできる仕事はないか探してみましょう。

 

また、絶対に気を付けなければいけないポイントとして、無職であっても利用できるとしている業者に引っかからないようにすることです。

 

このような業者は、違法な貸し付けを行っている業者かもしれません。どうしても借りたいという気持ちを逆手にとって、法外な金利で融資するというパターンがありますので、気を付けてください。

 

無職の場合には、基本的にはキャッシングを利用できないと考えて、早く仕事を探すようにしましょう。

 

xn--nckgu1cyjxdw750a4egr19aba.net

更新履歴